読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

光を見ている

まるっと愛でる

「嵐にしやがれ」のいびり芝居回って面白いよね、という感想をただ書きなぐる

こんにちは。ひやチュウです。先日V6のニューシングル発売日でした。発売がアナウンスされた瞬間から死ぬほど楽しみにしていたので、もう当日は朝から幸せで。朝部活に行ったら誰もいなかったけれど(連絡ミス)、水溜まりにポチャして午前8時半の時点で靴とストッキングがびっちゃびちゃになっても(自分の鈍臭さを呪った)、数学が全く訳がわからなくても(微分で死んだ)、その後の英語が眠くても(ノート取るのは諦めた)、「フフフ...ほら今君となら世界はこんなに美しい...」とにやけの含有量多めの笑顔で一日中いたので、やっぱりアイドルはすごいです。学生としての意識は地にのめり込む勢いで低い私ですが、ヲタクとしては意識高いので、TPOをわきまえずキモヲタスマイルを浮かべたりしちゃいました。ドゥフフ

 

 

 

春休みシーズンで暇を極めている、という訳では特別なくまあ普段通りですが、某チューブを巡回していたら、見つけちゃいました。これ、嵐のキャラクターが出てて面白いです。パーっと見ながら、やっぱり改めて面白さを噛み締めたので、すっっっげー今更なのは百も承知ですが、感想を書きます!!元ネタはあの手この手で見てください!!

 

 

 

テーマが「いびり芝居」なのですが、ドラマとかでこの手のをやられるのが割と苦手なので、バラエティーでやってくれると安心して見られるってのもあります。で、設定が「AD役の大野さんをプロデューサー役の4人が一人ずつ演じる」なのですが、最初に芝居の順番決めじゃんけんをするのですが、全員嫌がっていて、まあノリノリでやろうとするタイプがいないというのもあるのでしょうけど、ニノあたりバラエティー的な空気を読んでやっちゃうぞ的な空気を出してもおかしくないと思ったのですが、揃って乗り気じゃないのが嵐っぽいな、と思いました。でもって、いびられ役は大野さんしかいないよな、と自分含め世間にも思わせる感じ、やっぱキャラクターが浸透してる証拠だよな、と思ったり。4人も大野さんじゃなかったらできないよな、とも思いました。

 

では、演技の方の感想です。感想なので、ただただ好きなものを好きなように喋ってるだけなので真に受けないでください!!

 

 

 

 

翔さん

台本があるのか、打ち合わせがあるのか、それともアドリブなのかわからないのですが、翔さんにばっちりはまっているキャラクターだな、というのが感想です。期待を裏切らないタイプを演じるよな、と思います。皮肉っぽい、意地の悪い感じ、小馬鹿にしている感じ、良くも悪くも作用する頭のよさが見えるキャラクターというか。

そして、翔さんの頭のよさ=翔さんのおもしろさだと思うのですが。「謎解きはディナーのあとで」の影山、「家族ゲーム」の吉本、「THE QUIZ SHOW」の神山にあるような、冷酷というか、冷たい役というのがすごい合うと思いますが、冷たさのあるキャラクターでも翔さんが演じると人間味が溢れるというか。冷たい一辺倒にならないで、温かさ、とは言わないけれど、人間くささが生まれるのが翔さんの演技の魅力だと思います。実際の翔さんだって頭がいい人じゃないですか。完璧に見せることだって出来るはずなのに、しまった、(ストーリーの)出口が見えないっていうのまで見せていたところ、終わりがわからないというのはおそらくストーリーには入っていなかったのに、自然にシナリオに入れて、ちゃんと流れとして成立させるあたりに、やはり頭のよさを感じました。

演技に結構コミカルさが入っていたりするのですが、シーンが始まる前に小道具の机の周りを3周してる感じ、ナチュラルに日常から動きがコミカルの気がありそう、と思いました。あと、翔さんは抜群に言葉選びが上手いです。こういうのを見ると、知識=おもしろさだということを改めて知ります。また、嫌われ芝居、でも翔さんの声って誠実な響きだから、櫻井翔が見えるな、と思いました。

 

 

 

相葉さん

初っ端から小道具で弁当を選ぶとか、唐揚げを使うとか、突飛なことをする、しかも全く自然にやっちゃう所がズルいよね。相葉さんにしかできないわ。狙ったのかわかりませんが、ほぼもぐもぐしながら喋ってるしコーヒーでむせるし、そういうポンコツなのも、机に置いた唐揚げを結局自分で食べるのも、油汚れを自分で拭くのも、ただただ相葉さんのいい人っぷりが滲み出ちゃってる。しかも、テンポなのかわからないのですが、そこに絶妙な面白さがあるんですよね。他の3人と緑子さん爆笑してるしね。

相葉さんも人くささのある演技をすると思うのですが、翔さんの醸す人くささと対比させるなら、相葉さんは演じるキャラクターに自然に相葉雅紀を滲み出せる人だと思います。「ようこそ、わが家へ」の健太とか、確かに相葉さんにはまっていたと思いますが、あんなふうに相葉さんじゃないのに相葉さんが確かに嫌味なく滲み出るのが上手いと思います。あと、自分たちの番組だからってのもあるのでしょうけど、どんなにいびる芝居でも、声のトーンが普段通りで、しかも相葉さんの声って甘みのある声だからコワくない、むしろひたすら可愛い感じでした。あとボキャブラリーというか言葉のセンスも総じて可愛いです。終わって松潤に「あんた何なん?!」って言われてるし。結論:相葉さんはいい人。というのが広め渡ったやつでした。

 

 

松潤

基本的に属性が天使な上、グループ末っ子特有の甘えたような、幼さの残る自分のペースを如何なるときも崩さない喋り方をするから、いびっていても可愛い感じがちょいちょいあるんだなこれが。

と思っていたのですが、睨み上げた眼差しというか、しっかり目を見開いて目線だけで見上げた表情が、彼の十代とか昔から変わらない、すごい鋭さがあってハッとしました。

これを見て、松潤の演技ってスピード感があるなと思いました。さらに、考えるというより勘がいいタイプなのかな、とも思いました。今回のシチュエーションは相手をいびる、ということで、これ絶対相手されたらイヤだよな、というのを確信してやっているように見えるというか、迷いがないからある意味安心して見られます。悪い意味じゃなく、演じるシチュエーションにたいする基本の枠組みのような基礎のレールにしっかり乗っているから、流れや筋道がはっきりしていて見やすい、わかりやすい演技だと思います。

しっかりはっきりしているのに、自分は顔を触られたら嫌だと思ったから、ということで大野さんの眼鏡を落として顔を触るというか手で頬を挟んでいたのですが、それがなんか、「むにっ」と効果音をつけたくなるような感じで。私もメガネ民なので、メガネ外されるのがイラッと来るのはわかるのですが、コンタクトにしろよ、という流れだけ切り取ると、まとめだかツイッターで見たのですが好きな子をオトすテクニックか?恋が始まるのか?と正直思いました。あんたスターだよ...。

で、何がおいしいって、終わった瞬間イビリーから天使に戻る所ですよね。いい笑顔で大野さんを抱擁したやつが、私の中で萌えという概念が産声を上げたきっかけでもあるので、MJは偉大です。

 

 

ニノ

普通っぽいのにどこか狂気を孕んでいる感じ、予測できない恐さがあるなと思いました。ネチネチしてるのに緩急があるってすげえなと思いました。あれは意識して喋り方もネチネチさせてるのかな。役に入り込む感じ、演じると自然と、でもごっそり二宮和也が抜け落ちるのが見えるのがすごい。いびるための言葉や仕種、方法、手段が、こういうやり方もあるんだ、と思わされたのですが、経験なのか、感覚なのか興味が俄然沸きました。演技を通じてニノそのものへも興味が出ました。

あとやっぱりチャチャが面白いです。ツッコミとかボケとか、場を面白くさせる語彙やタイミングのセンスはピカイチだなと思いました。

 

 

 

大野さん

いびられないと自分の立場が成立しない役で、自然に全員に合わせるのがすごいです。受動の立場だから、というのもあるのでしょうけど、流れを受け止めて次へ流れを持っていくのが上手いなと思いました。シュンとしているように見せておいて、どことなくふつふつとした怒りを僅かに抱えているような、似ているけど別の感情を抱える感じが上手いなと思いました。あと、それぞれが終わったあとの感想が、いやー疲れるね!!みたいなキレのあるのじゃなくて、ふわっとしてて緩いのに面白い、敵を作らない言葉で、大野さんの優しさとか動じなさを見た気がしました。

 

 

 

 

 

 

 

さて。だいぶ前のテレビの感想という謎なブログになりましたが。全員系統が違って、技術だったり感覚だったり武器にする要素まで違って、面白かったです。それにメンバー同士の芝居なんてヲタ得でしかないし。こういうのもっと見たいなー!!偉い人、お願いしまーす!!

 

 

 

[妄想]こんなシゲアキが見たい10選

ジャニーズ

こんにちは。ひやチュウです。どうも私の友人にはヲタクが多いのですが、そのうちの一人、小学校からの付き合いの艦これを主な畑とする二次元ヲタクの友人に、「まずいいからこれを見たまえ」と、最近私の沼になりつつあるモーニング娘。の動画をラインで1つ送りつけました。我らの界隈で言う布教というやつです。

そうしたら、私が1つ送ったのに対し、奴は7つ動画を送りつけてきました。お前は聖徳太子か。奴は学校で自分が深いヲタクだと言うことを言っていないらしく(わかるぞ同志よ)、常々布教したいと思っていたんだろうな、という事情くらいは私だってヲタクですからわかりますけども。どいつもこいつも沼を抱えているヲタクってヤバイんだなあと学んだ今日この頃です。もちろん私もそのヤバイヲタクです。

 

 

 

 

さて、国民の義務は「勤労・納税・教育」ですが、ヲタクの義務は一体何でしょう。答えは『(優良コンテンツへの無理ない)投資・(迷惑をかけない程度の、且つ大きな)愛を持つ・(これまた迷惑をかけない範囲内での)妄想』です!!今勝手に考えました、はい。ということで、義務果たすぜイェエエエエイ!!ジャスティス!!といった100%ノリと思いつき、まあ用は私の心のどスケベおじさんを存分に解放した妄想を書き連ねたいと思います!!この変態!!と罵られる分には十分受け止める所存でありますが、大前提、私の妄想なので!!そこんとこよろしくね!!

 

ええと、なぜシゲことNEWSの加藤シゲアキさんなんだい、と。お前は博担じゃないのかい、と。あのですね、シゲはすーごいんです。人間味と二次元み、人らしいあたたかさと冷たさ、静と動、両極端な要素を同時に感じさせる何かがある気がします。「かわいくてかっこいい」を地でいく男・加藤シゲアキ。しかも彼はヲタク気質ときている。親近感しか湧かない。何より文句をつけようのない顔。男顔なのに可愛いってなんだよ。天は二物以上与えてるだろうが全く。あ、

 

 

 

 

 
         f:id:signko:20170222193741j:image

 

 いつ見ても右上の小山さんのいい笑顔もとい大爆笑に癒される画像です。あと前髪と目が隠されても確固たるイケメンなのは何故ですか。やっぱり神に選ばれた男だからですか。

 

いやつまりはシゲへの思いが溢れたので、ちょっくら爆発させてもいいかなー?!ドラマでも映画でも雑誌でもバラエティーでも心優しい石油王でもこの際誰でもいいから、私の夢、叶えてー!!ってことです。もう好き勝手書いているだけですので!!了解?OK?レッツゴー!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1:首を絞められているシゲ

 

いきなり性癖フルスロットルで各所ごめんね!!どスケベ野郎でごめんね!!でも見たい!!そもそもこの記事を書くのに至ったきっかけが、別冊actのシゲのグラビアでして、そのシゲがあまりに美しかったんです。そこから妄想が止まらず、私の見たいシゲとは...?と考えて一番に出てきた図がこれでした。

絞められていても、抵抗とかはしないで受け入れたというか諦めた表情でやってほしい。ただただ苦しそうな表情だけを浮かべて、でも一言も声を出さないで。血なんか吐いちゃったら尚良し。

で、出来ることなら、絞めるのは小山さんにやってほしいです(小声)。画が美しくなるし、コヤシゲは甘いだけじゃないってのをそろそろ見たいんだよ俺は。

 

 

 
                 f:id:signko:20170222195347j:image

 

これより20000倍えげつないのが見たいです神様。

 

 

2:弾き語りシゲ

1と打って変わって普通っぽいですが、これだって見たい。何時だか、どなたかがシゲのラジオで流れた曲をまとめられていたのを見たのですが、へえこれ知ってるんだ、と思った記憶があります。ブンブンサテライツとかBibio知ってるんだ、と。意外に思ったら人って意識しちゃうよね☆物知りなカレ☆ドゥフフ☆...やっぱどう繕ってもキモヲタはキモヲタでした。だいぶ前に書きましたが、私はシゲがアジカンの「海岸通り」を弾く所を見るまで死なないつもりで日々生きているので、早急にお願いします。てかギター弾くところ見せて、早よ。

 

 

 

 

3:先生シゲ

 

24HTVドラマでも、時をかける少女でも先生、教師役をやっていましたが、まあ似合っていた。教える図が合うと思います。

で、教科なんですけど。矢野先生の数学とかマジ極上だったんですけど、私は理科系か社会系の先生を推したい。これは環境のせいです。

イェエエエエイ!!ここでイカれたメンツ(我が校の教師陣)を紹介するぜ!!

 

 

 

 

「お前らガンプラ作らなかったの?」

「いいんですワタシヲタクですから」

世界史・アニメにゲーム、守備範囲の広い(確か)五十路ヲタク・A!!

 

 

「ちょっと次の授業の日祭りに行ってくるので、次は自習をしててください」

日本史・文字通り生粋の日本の祭り野郎・K!!

 

 

善人・よきパパ・いい人!

世界史・僕たちのゆるキャラ・K!!

 

 

いつも不機嫌そうだけど鉱物の話になった途端にイキイキ!!わかりやすいヲタクだぜ!!

地学・最近は機嫌がよさそう・R!!

 

 

「昨日花火見てきたんでね、ちょっと今日眠いです」ちょっと待ってあなた顧問してるよね?

化学・花火ヲタク・A!!

 

 

「キ○ガイ」「ブッ○すぞお前」が口癖!!でも懐かれる何かがある!!

生物・ヲタクの匂いがする・T!!

 

 

とまあ揃いも揃ってキャラの濃い、順にヲタクヲタク良心ヲタクヲタクヲタクという面子なので、シゲを混ぜても何ら遜色ないなと思いまして。新撰組あたりを生徒置いてけぼりで語りまくるもよし、男子生徒に懐かれてじゃれてるのもよし、女子生徒に密かに思いを寄せられているのもよし、バレー部の顧問で白の半袖に紺の長ズボンジャージの出で立ちで首に笛をかけて檄を飛ばすもよし、写真部の顧問でヲタクな生徒と楽しそうに話すもよし。私はそんなシゲ先生を観察して友達と「マジシゲ先生可愛い...」とドゥフる生徒Bくらいのポジションでいいです。たまに「その本何ですかー」「お、『センセイの鞄』だぞ、お前も読んどけよ」「何先生そういう願望あるんですか」「お前内容知ってて聞いたのかよ」*1とか軽口を叩きたい。はあ(理想と現実のあまりの差にうちひしがれる絵文字)

 

 
         f:id:signko:20170222221947j:image  

 

こちら私のこの夏の死因です、そっと置いときます。

 

 

 

 

 

 

4:眼科医シゲ

昔から目が悪くてずっと眼科通いだった経験を踏まえて話します。

 

①目を至近距離で覗き込まれる

②割と顔を触られる

③診察室・検査室は個室っぽく、基本1対1

④診察室・検査室はちょっと暗め

 

うんサイコー素晴らしい。また、言われるワードとしては、

「先生の方見て」「こっち見て」「先生の手見て」

 

...ワオときめく!!そんなに見つめないで(〃д〃)と、アホな捉え方し放題です。頑張ればあらぬ方向へも持って行くこと可です。オプションで白衣&眼鏡も見れます(眼鏡の先生が多かった)。

 

 

 

5:ドSシゲ

 

NEWSなふたりとかで自分は草食と言っていて、色々と思想がめんどくさいその考え方には愛おしさしかないけれど、見てみたくないですか、ドSシゲ。S度合いとしてはもう黒崎くんレベルまで行っちゃおう。ただ、恋愛系の少女漫画をほぼ読まず、一番読んだのは「あさりちゃん」、全巻集めたのは「動物のお医者さん」のスペック故にシチュエーションの想像が難しい、わからん。とりあえず悪い笑みを浮かべて「何、俺に従えないわけ?」くらいを自然に吐くくらいはやってほしい。目指せジャニーズ界の菜々緒サマ!!ノリノリでよろしく(o^-')b

 

 

6:返り血を浴びるシゲ

どうも物騒ですが、EMMAを見て確信したことがありまして。シゲはやっぱり赤が似合う。そして手越くんは青が似合う。ヲタクたるもの、あの綺麗お顔に朱が散る様を求めたくなるよね。時代劇系の刀での戦いでもいいし、殺人犯でもいい。ドラキュラ再びでもいい。あ、でも冷酷な殺人犯のが見たいからそれでお願いします。

 

 


      f:id:signko:20170226163917j:image

 

This is 美の暴力。リアル『目がァ...目がァァァァ!!』私テゴシゲが好きなので贔屓目な所はありますが、にしたって美しい。この顔面が同じグループで歌って踊っている事実に乾杯。

 

 

 


 

7:『重力ピエロ』より、泉水シゲ

 

伊坂幸太郎さんの著書『重力ピエロ』の主人公です。既に映画で実写化されていますが、本を読みながら何か似合うなあと思ったので。頑固な感じがシゲと近い気がします。弟・春は勝利くんにやってほしいです。冷静に考えてシゲと勝利くんの兄弟ってヤバイ。多分ご近所から「ルーブル美術館」って呼ばれるやつ。(真面目にこの組み合わせで見たい)

 

 

 

8:抱きしめられて涙を流してているシゲ

 

変態ここに極まれりな気がしますが、涙って見たいよね。自分からは相手に手もまわさず、されるがまま、立ち尽くして涙を流すとか何すかこれぞエンド・オブ・ザ・ワールドただただ画が美しい。これも相手の性別年齢は問わないけど、私の希望は木村文乃ちゃんです!!まつげ長いし、しかもそれが涙に濡れているなんてもう。

 


        f:id:signko:20170226175207j:image

 

だああめんこい(壁に頭を連打したのち、天に召された絵文字)

 

 

 

9:でろでろに甘えるシゲ

お巡りさんド変態はこちらです!!(ここに来て逆に自首していくスタイル)酔っ払って絡むもおいしい、素面で絡むもグー。ウザ絡み万歳。ここで重要なのは『でろでろに』です。生半可な甘えじゃダメです。例をあげると、有川浩さんの『植物図鑑』で、「樹がさやかに甘えるシーン」あるじゃないですか。あるんですけど。それくらいやってほしいですねえ(心のどスケベおじさんの表情)。シゲは割と自分の可愛いと言われる表情はわかっていそうですが、かわいこぶるんじゃなくて、目線と!!言葉と!!ボディータッチと!!で私たち(ヲタク)を奈落へ堕としておくれシゲちゃん!!

 

 

10:ESCORTシゲ

とまあ色々と書いてきましたが、結局ESCORTには敵わないんですよ。あれには何にも、どんな妄想も太刀打ちできません。何てったって構想・演出・監督までシゲが務める作:シゲの上、作画:シゲなんだもん。例の艦これヲタに「これを見んしゃいッッ!!」とESCORTの画像を見せたら「え、待って何これヤバイ...!!」と言っていました。漏れなくヲタクに刺さるんですねあれ。てか美貌を見たらまず驚くんだなあと新たな発見をしました。もちろん私も大好きです!!文句なしの優勝!!

 


        f:id:signko:20170226192241j:image

 


    f:id:signko:20170226192324j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

妄想なのにポップでハッピーが薄いじっとりした結果になりました。書いている人の欲望が色濃く表れたからでしょう。 でも夢と希望に溢れていますからいいんです。書きながらすくなくとも3回ドゥフりました。そういえば、普通ジャニーズ10選シリーズって一つの状況に対して当てはまる人を10人選びますが、真逆をやってますねコレ。でもひたすらシゲのことを考えていても全く飽きない、飽きるどころか爆発しそうになって超楽しかったです。以上で私の脳内醜態晒しを終了します。ありがとうございましたそしてなんかすいませんでした!!

 

 

 

 

 

 

 書き終えてなんだか自分の精神状態が不安になってきたのはここだけの話です。

 

 

 

*1:センセイの鞄』は本当に面白い本です、けなすとかそういう気持ちは一切ありません川上弘美さんすいません

V6の変革、そして覚醒のライブ

V6

こんにちは。ひやチュウです。年度末が近づいて参りました今日この頃ですが、いかがお過ごしでしょうか。私は学校で「毎学年度末によく渡されがちな、今年度の振り返りと今年頑張ったこと」のプリントを渡されました。超めんどくさいアレです。で、ぱぱっと書いて、最後の自己PR欄みたいなところの「趣味」の項目に、何を血迷ったか「アイドル全般」と書いていました。最近女の子アイドルも好きだからな~、全般の方がいいよね~、とか思って書いた訳ですが絶対そういう問題じゃない。そして、消すのを忘れてうっかりそのまま提出しちゃいました☆...今になって笑えない。どうしよう、私はもしかして妙な所で訳のわからない且つ重大なカミングアウトをしてしまったのかもしれない...面談とかで親に見られたら死ねる。てかまずごめんね担任...!!ちなみに担任はそれなりに歳いってるおじさんです。明らかにカミングアウト先を間違った。だってヲタクなんだもん、ヲタクになる前の趣味なんか覚えてないわい!!

 

 

 

 

V6ファン界隈で、「これはマジヤバイ」と定評のライブがあります。それが「live tour 2011 Sexy,Honey,Bunny!」通称セクバニコンです。私はその当時はV6を知らない新参者ですが、2017年、現在のV6を知っている者として見ても、やっぱセクバニコンはヤバイです。こいつぁヤバイ。と、この感動と興奮を抑えられないので、私の思いのまま、どうしてセクバニコンがヤバイのか語りま~す!!いつのも湿っぽいテンションですがこれが平常通りですので気にしないでください...

 

 

 

 

 

 

 

バイポイント①:ライブでのV6のストーリーが視覚化されている

 

一曲目「will」で、V6はバラバラの所から出てきて、それぞれ外を向いた状態で、一人で踊ります。ここでは全体の画は「1人」です。

そして1番が終わると、全員が内側を向き、360°円形のセンターステージへの道が6本照らされます。6人のV6が等間隔に立って内側を向くと、互いに向かい合うことになります。そして、自分の正面に誰かを捕らえながら踊ることになるんです。

曲は進み、段々とセンターステージへ近づき、全員内側を向いた状態から、パッと外側を向いて、「6人」→「V6」のかたちになります。ライブをしながら、ファンの目の前でV6を完成させる、6人が1つのグループになる様を、個が集団になる流れを、ライブの演出でやってのけます。

このライブは、メンバーソロの「1」人、トニセン、カミセンの「3」人と、「6」人以外のかたちも割としっかり見られるライブです。それぞれの画があるからこそ、「V6」が強い、そう感じられるライブだと思います。6あることで1になるという、V6というグループの存在条件みたいなものを、ライブで視覚化させて確立させる、そんなライブだと思います。

また、このライブのステージは、センステが六等星型で、その中心の円部分は空洞になったり立体になったりと動く仕組みなのですが、演出でその空洞に入ってステージ上から姿を完全に消したり、照明を全く当てなかったりして、誰も見えない「無の状態」があります。円形ステージ故に、このライブには背中の面にあたる所が会場にありません。常に誰かにとっては正面になるステージでの緩急の付け方として、オンオフを100か0の極端なかたちにしています。そして、無の状態であっても、このライブでは違和感はなく、ライブの空気感を味わう時間として作用します。見えなくてもそこに存在していることを感じさせだからこそ見えている時により感じられるV6の存在。ライブの空気を完璧に作り上げられています。

 

 

 

 

 

 ヤバイポイント②:『3/25』

 

 

3月25日じゃありません。これは、セクバニコン本編における、『総曲数に対してのシングル曲の割合』です。1/5以下です。アンコールまで含めると10/34になりますが、本編のほう、かなり攻めたセトリだと思いませんかこれ。

このライブは、SHB!のシングルを引っ提げたライブだから、というのもあってか、おそらくセトリを決めるのに自由を効かせやすいものだったと思います。そこで出来たライブは、シングル曲は3曲までに絞り、カップリング曲を多数披露し、ソロ曲、トニ曲カミ曲をするライブです。計4パターンあり、ALに縛られていない分、選曲によってはばらつきが生まれそうなものですが、色々なSGからのカップリングでも統一感があって、上質なライブです。

私なんかは結構「カップリング曲には名曲が埋まっている」という考えなので、とてもわくわくしてDVDを再生しました。ただ、AL曲は借りてるから知ってるけどSG借りてないから見当つかない...とか思っていましたが、名曲揃いなんだなこれが。マジ。おすすめは、

  • OK」-only dreaming収録:どエロい。低音からエフェクトのかかったメンバーの声の相性がいい、かっこいい曲。しかし歌詞はワンナイトラブの未練の歌。とにかくどエロい。
  • Mission of Love」-Sexy,Honey,Bunny!収録:洒落たポップス。なんつーか好きです。
  • WALK」-Sexy,Honey,Bunny!収録:穏やかなポップス。歌詞に「何か起こりそう、君となら ありえない事だってさ」という部分があり、なんと歌割は最年長・坂本昌行&最年少・岡田准一もうこれだけで泣ける。

 

ここでライブ気になったけど、いきなりそんなに手は出せない...と思ったそこの貴方!!そんな時はまずSG「Sexy,Honey,Bunny!」を買ってください!!(ステマ)

 

 

 

 

 

バイポイント③:ソロが充実しまくっている

 

 

6人もいるんでね、しかもミュージカルスターからあさイチからアカデミー俳優まで色々な人がいるんでね、おもしろいですよV6のソロ。では、ライブのセトリ順に紹介していきます。

 

 

森田剛:「官尾」

 


              f:id:signko:20170212210222j:image

 

 

「ヒメアノ~ル」で彼に惹かれた方、そしてこの画像に惹かれた方は是非セクバニコンを買って見てください。もちろん、あの映画の森田と森田剛という人間はイコールではありませんが、彼の天才と言われる所以が、人を引き付ける魔性がここで爆発します。

 

 

長野博:「桜色桜風」

「官尾」の後どーすんだ、と思ったら我が自担でした。一発で桜色桜風のヒロシワールドに会場を持って行ったから、セトリを考えた人も成立させた博も凄いです。バラードなので雄々と落ち着いて歌っているのですが、やっぱりこの人は立ち姿が誰よりも美しく様になる人です。

 

 

 

 

坂本昌行:「Happy Happy Birthday!」

 


             f:id:signko:20170212211532j:image

 

坂本くん本人はこの顔です。はてさて、最年長が一番かわいい曲をやっちゃっていいんですかいいんですか。そして、この曲ではバックとして剛健→夕ドロの順番で出てきて5人で踊るのですが、剛健が並んだ所でもう心臓を捧げよ!!状態になります。ステップの踏み方が似てて、シ、シンメ(血文字で遺言)みたくなりました。でもって、出てくる長野・井ノ原・森田・三宅の4人は

 

 

 


           f:id:signko:20170212212007j:image

 


      f:id:signko:20170212212151j:image

 

 

 こんなテンションです。ふざけてニヤニヤしながら踊っています。あんたら仮にもリーダーのソロなんだからちょっとはマジメにやんなよとか思いましたが、よく考えたらV6にかかったら天下の「Shelter」も集団芸のテッパンネタ曲になる始末だから、なるほど通常運転かと納得しました。

 

 

岡田准一:「ヨロコビノウタ」

オカダのソロはいつだってハートウォーミング。そして、あのゴツい見た目しといてV6イチと言ってもいいくらい、甘い響きの声の持ち主なんです。

あと、自分への戒めも含めてなんですけど、最近は専ら戦うか時代を越えるかで、ビジュアルがゴリラだったり山男だったりはたまたモンチッチだったりしますが、このライブのオカダはバリイケメンです。衣装、髪型、照明に小道具諸々ありますが、大前提としてオカダは顔がかっこいいんです。その様子をダイジェストでご賞味ください(?)

 

 

 

 

 

 

 


       f:id:signko:20170212213825j:image

 

 

    オカダ・ゴッツう・イケメン。

 

 

現場からは以上です。

 

 

 

井ノ原快彦:「遠いところまで」

 

 イノッチのソロはV6のなかでは一番個人のパーソナルが反映されます。自分で作詞作曲もするし。大抵ギターを片手に歌うので、そっちの畑から来た私は、イノッチのソロを好きだし信用しています。盛り師のイノッチも、MCのしっかりしたイノッチも影をひそめて、一人で歌っている感じがすごいあります。

 

 

 

三宅健:「“悲しいほどにア・イ・ド・ル~ガラスの靴~”」

 

 

健坊のこの曲は、アイドルの歌う曲として伝説の曲だと思います。

例えばケンティー、手越くん、まっすー、彼ら特に「プロアイドル」と呼ばれる人たちだと思います。健坊の言葉を借りれば、彼らは「虚像を見せる」ことのプロだと思いますが、健坊は、虚像を見せることによって「見せている」ことで生まれる凄味も見えてくる、表裏一体とはよく言ったもので、表がある以上裏も存在している、という両方を示す人だと思います。で、裏もある=アイドルをしていない普通の人=三宅健というひとりの人間もいるというのを主張し、表が強くなればなるほど裏も主張される。それは、ずっとアイドルをし続け、アイドルにこだわりプライドを持ち続けてきた健坊の努力の賜物であり、それと同じくらい「三宅健」という存在を訴えてきたからだろうな、と思います。健坊は、よくかわいいと評されますが、彼のかわいさや変わらない少年っぽさとかというのは(ビジュアルに関してはほんと奇跡のおじさん)、その少年さ故の鋭さがあって、それが集約されたパフォーマンスだと思います。

 

 

 

 

 
     f:id:signko:20170212224117j:image

 

 

 

 

 

 

 

最初 このセクバニコン見たとき抱いた感想は、全体を通して淡々としてるライブ、です。SG曲3/25という構成、360°ステージ、ここには書かなかった演出含め、このライブは盛り上げるライブではなくて、V6を見せるためのライブ、もしかしたらV6の本質を見せるライブなのかもしれません。

前半は小道具、セットすらほとんどなく、ステージと6人だけです。後半の曲で出てくる小道具は、それはそれはいい仕事をしますが、基本歌って踊ってのライブであり、派手かと言ったらそんなに派手ではない、思い切って言うとトンチキ感と無縁のライブだと思います。ジャニーズ感よりも遥かに『V6感』の強いライブです。V6感、V6っぽいというのは「アーティスティック」「玄人受け」と語られがちですが、それもわかるけど、アーティストではなくあくまでもアイドルとして、まじめに淡々と歌い踊る、その姿がV6感であり、そのV6が目で見やすくなったライブがセクバニコンなのかな、と思います。

 

 

このライブにおける「V6をどう見られたいか」がはっきりしていて、「6人で1つのV6」という、なんだかエモいテーマをV6らしく見せる、そういうライブ・Sexy,Honey,Bunny!コン。ここで書いたことの他にも、見なきゃわからないヤバイポイントがまだまだあるので、皆さん、是非セクバニコン買ってください!!そして買うならどうかブルーレイの方を買って見てくださいませ。これはいい画質で見るべきです。...はあ、どうしていつもこう、感動的に締められないのかねえ...。

 

 

 

 

 

 

不惑アイドルの未来はどこへ行く

20th Century

こんにちは。ひやチュウです。最近モーニング娘。への陥落が著しいです。モー娘はいいぞ。女の子の可愛いさと強さの両方を武器にしてる感じが好きです。可愛い女の子たちが歌って踊るという素晴らしさに感動し平伏し、某チューブで「ムキダシで向き合って」を再生する手が止まらないわ、タワレコに行ってハロプロコーナーに居座るわ、2017年はジャニヲタというか最早、アイドル全般を愛でる「ドルヲタ」という人種になりそうな予感です。ちなみに、モー娘。で惚れたのは譜久村聖さんです。自分の魅せ方をわかってるう!!かっこいい!!そして何よりかわいいいいい!!

...とか言っていますが、工藤遥ちゃんを「はるか」、小田さくらちゃんを「さくら」と呼んだりして、私の女と思う遊びをしているので、私の心の中のおじさんが目覚めつつある今日この頃ですわ。

 

 

 

 

ジャニーズ楽曲大賞」、今年もとても楽しかったです。そして今年の27位、20th Centuryの不惑。これがほんとに素晴らしい曲でして、大好きでして。不惑の名曲っぷりがマジヤバイ!!とこの興奮を何かにぶつけたい衝動に駆られたので、今回は全員40代、不惑の男たちが歌う、それ以上にトニセンという不惑のアイドルたちが歌うこの曲のこと、そしてそこから思うトニセンのことを書いていきます!!いつも通りの頭の弱いヲタクのする話なんで、じっくり読み込まないでね!!

 

 

 

 

不惑』のことを語る前に、と言うよりトニセンのことを語る上で必要な要素として、トニセンのいる状況というものがあります。

トニセンというグループは、昔から「苦労人アイドル」と語られてきた人たちです。最早それがネタ、お家芸になって、バラエティーのようなトニセンをよく知らない人たちへ向けたところでも、(昔出たやつで)少クラやTOKIOカケルのような身内だけしかいないようなところでさえも、自分たちの話として語られるのは昔の苦労話が多いです。それを面白くするだけの話術と、笑い話にすると振りきった覚悟があるのだろうから、私は彼らが面白い話として昔の苦労話をしたときは笑って聞いています。でも、ファンとして彼らのことを思うと、そうは言ってもやっぱりトニセンは苦労し続けてきたグループなんだろうな、と思います。勿論苦労しないグループなんて、引いては苦労しない人間なんてのはいませんがね。

 

 

トニセンの苦労の一つが「年齢」で。これはV6というグループの性質、トニセンとカミセンという年齢差の大きい二つのグループで出来たグループだから、というところにあると思います。V6は最年長と最年少に9歳差があります。トニセン、カミセンの平均年齢差は6歳です。最近は、グループ内で歳の差があることはそこまで珍しいことではなく、現にジャニーズWESTも最年長と最年少の歳の差は9歳です。

しかし、トニセンとカミセンの年歳差というのは、デビュー当時はそのまま差となって表れました。例えばよく語られる「MHTPのジャケットで、カミセンの足元にトニセンが小さく写っていた事件」です。はっきり言ってしまえば格差です。また、これも彼らからよく語られる話ですが、カミセン(というか剛健)はデビュー前からすでに爆発的な人気を誇ってきていましたが、*1トニセンは非常にJr.時代が長く、*2坂本くんは当時デビュー時の年齢が最年長、長野くんはJr.歴最高の記録を持っていました*3。ここまで境遇の違う人たちが集まって出来たグループがV6です。

これだけ歳が離れていて、トニセンとカミセンが区別されて見られるから、多分他のグループよりも、V6のトニセンは年齢に悩まされてきたことがあっんだと思います。年齢で、という括りの取っ払っても、ジャニーズで、一つのグループの中からこんなにオフィシャルにはっきり分かれているグループはあまりないのではないでしょうか。*4また、同じ時代を過ごしているTOKIOですが、彼らは二つのグループが合体してTOKIOな訳ではなく、ずっと「一つのグループ」なのでV6の境遇とも少し違います。考えたら、NEWSもテゴマスというグループの二人を含んだグループですが、テゴマスの対のグループはいないはず(間違っていたらすいません)なので。

 

 

 

トニセンの、ジャニーズ的な年齢の苦労、という他に、彼らにはそれぞれジャニーズでは異色の経験があります。坂本くんは、将来に悩んだ結果一回ジャニーズを辞めて就職してサラリーマン経験があり、長野くんも一回ジャニーズを辞めて学校に通っていて、イノッチはアイドルなのに平日NHKに通って毎朝働いています。これらも考えると、彼らトニセンはジャニーズとして、の他に、一人の男として一番我々の立場と近い種類の苦労を感じてきている人たちの集まりだと思います。

 

 

 

 

そんなことを踏まえて、不惑の年を迎えたトニセンの歌う『不惑』について考えていきたいと思います。

 

 

 

細かいところを話す前に、何故『不惑』が名曲かと言うと、超ざっくり言うとこの歌詞をトニセンが歌っているからなんですが。アイドルという立場の彼らが歌うのに、四十の年齢の男たちに言葉として、世の同じ年代の人たちへより近く、よりリアルなメッセージとして歌っているから、アイドルと一人の男の立場の境界が曖昧になるんだと思います。アイドルが歌うのに、この曲のメッセージの受け取り手、つまり世の中の全ての不惑の人たちと、ある種10代の自分よりも近いところにいるんです。アイドルなのに。

 

 

 

 

僕は今

求めてた未来(あした)とは違う

偶然の幸せを手にしてる

不満なんかないけれど

でも ああ

 

 

四十の男の言うこととしては、すごいリアルな悩みなんだろうけど、ちょっと待ってください。まずアイドルにこの歌詞を歌わせるのって、でもって若いアイドルじゃない、44の博に歌わせるのがもう、業が深い。ヲタクとして彼らを受けとる側として考えてしまいます。アイドルというものと違う、求めてるものだってあるんだよな、と。「でも ああ」の後にどんな言葉を続けようとしたのか、その言葉はアイドルとしてなのか、一人の男としてなのか。

 

 

 

 

 

きっと あいつがあいつであるように

そうだよ 自分は自分であればいい

それでも焦ってしまうのはなぜなんだろう

ほら遠いところから僕を呼ぶ 誰かが

「本気でもがいてみればいい」 と

滞った血を滾らせたい

もう一度

 

 

 

そして、サビに出てくる「あいつ」、これが「君」じゃないことによって、あいつというのは同僚とか、好意以外のもの、嫉妬、羨望とかそういう感情を抱えて見ている相手、自分と比べる対象になるんだろうなと思います。

 

 

歌詞が、1番では「自分は自分であればいい」の言い切りなのが、以降「~いいはず」になっていくんです。普通の、と言ったら失礼ですが、世の多くの不惑の人々の、自分を励まそうとする言葉にも、圧倒的に少数派のアイドルを仕事にするトニセンの悩みにも聴こえます。それを受けての「それでも焦ってしまうのはなぜなんだろう」で、言い聞かせても生まれてくる焦りへの悩みがあります。

 

 

 

 

 

私の周りにいる不惑の男というのは、父や世界史の先生(ちなみに両者とも坂本くんと同い年)で。自分の目から見て、彼らは落ち着いた、安定した暮らしをおくっているように見えて。無論それだって彼らの不安定の中の苦労の上に成り立って、父に関してはそれで養ってもらっている、というのもわかっていますが。それでも、同じようなことしてるよな、と見てて思うこともあって。でも

本気でもがいてみればいい と

 

という思いも抱えているのかな、と思います。想像しか出来ないのですが、10代の悩みは頭の中での悩みですが、歳を重ねるにつれ悩むことは「もがく」ことなのかな、と。子供と大人の差なのかな、と。

 

 

 

滞った血を滾らせたい もう一度

 

ここで心の内のまっすぐさを、そして「もう一度」と言う言葉が入って、泥臭い決意の言葉として一気にリアルになると思います。

 

 

 

 

ここで一つ。誰ですかまーくんさんに

希望や夢

そんな響きに酔えなくなってんのに

前の日の酒がまだ抜けない

を歌わせたのは。四十のリアルが殴り掛かってきて胸が痛くなったわ。ありがとうございます。まーくんさんが酒豪なのはV6ファンも周知の話ですが、Sr.時代、サラリーマン時代、そしてV6リーダーとして苦労しまくってきたであろう坂本くんにとって、たぶん夢に酔えなくなって、苦労の味のお酒を呑んできたであろう経験はリアルなことなんだろうな、と考えてしまいます。

 

 

 

 

そうして、苦労も焦りも悩みも抱えて歌ってきて、最後に

 

滞った血を

滾らせたいよ

もがき続けよう

赤い血をたぎらせたい

もう一度

 

と、3人の不惑の男たちは叫び、この『不惑』という曲は終わります。

 

 

 

 

 

 

 

 

この曲は、「世の全ての不惑へ送る応援歌」であるけれど、でも何よりも「トニセンのテーマソング」だと思います。40歳を超えてもアイドルをやっている彼らが、グループの歴史というより個人個人の苦労を重ねながら、一人の不惑の男として、その男たちが3人集まって同じ苦労を越えてきたトニセンとして歌う、不惑の彼らにとっても光を示した曲なんじゃないかなと思います。

年齢と戦ってきて、立場と戦ってきて、共に歴史を歩んできて、苦労を受け入れて、アイドルとして立ってきたトニセンは多分誰より「全ての不惑世代」と近い思いをいだくアイドルで、だから全ての不惑の光を照らせるのだと思います。その光というのは、不惑世代の代弁、と銘打たれたものではありません。彼らだって不惑世代と同じ悩みを抱える当事者です。

何よりも、彼らは光を照らす側にいるのです。どういうことか。トニセンはアイドルなんです。近いところにいても、光を出す側の存在なんです。きっとその存在が歌うからこそ、この『不惑』という曲、そしてトニセンが希望でいてくれるのだと思います。この曲は、「不惑の男」の立場の色が強い曲で、一歩違えば悩みを吐露して頑張るぞ、というだけの曲になっていたと思います。でも、不惑「アイドル」が歌うから、最後は希望、その渇望やそれに伴う前向きにもがこうとするエネルギーまでもが生まれるのかなと思います。彼らはきっと、アイドルとしてもう一度血を滾らせようとするのでしょう。

 

 

 

 

坂本くん、博、イノッチがトニセンの立場でいる今の状況を、彼らのファン、そして博担として、全員が40代に突入してそれなりの歳になったこと、長野くんが結婚したことを受け、これからトニセンはどうなるんだろう、と、実は少し不安に思ったりしたんです。一人の人間ということを思い知らされましたので。

でも、私の大好きなV6は、トニセンは、これまで通り起こったことはきちんと受け入れ、まだアイドルをしてくれそうだな、とこの曲を聴いて思いました。もう一度、と言って、きっとまだ何かやってくれるだろう。その姿を見て、希望を受けとる人がいたら嬉しいし、トニセンの出す光を見られて嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

 はい。あいも変わらずヲタクの文章は長くいぇ熱いですね。私がじっとりしてるタイプのそれだから尚更重いし。思いが重いってやつです。一言で言えば、トニセン大好き『不惑』サイコー高樹さんありがとう!!なのに、こんなになるなんて。やっぱ下書きの下書きは深夜に書くもんじゃないですね☆私は激重文章製造機☆てか仮にも10代JKが40代アイドルへこんな激重クソ熱超じっとりな深読みブログ書いてて大丈夫なんでしょうか?私アブナイ人じゃないですよね...?

最後に、「どうして2016年6月に発売したCDに収録されてる曲の話を2017年1月にするのか」って?答えは簡単!!全力で時代の波に乗り遅れてこのCD買ったのが最近だからさ!!ハッハー☆買った途端にこんな下書きの紙を3枚を使う長文書くんだから、行動力を別の所に使えってハナシですよね全く☆

 

 

 

 

 

 

 

*1:そしてオカダはジャニーズ事務所最速デビュー記録を持つ

*2:終いにはジャニーズJr.からSr.になる

*3:ついでによくネタとして上がる話に「長野くんはSMAP以降全員後輩、光GENJI(佐藤アツヒロさん)も後輩」というものがあり、「ジャニーズ事務所シーラカンス」としばしば言われる所以。いやシーラカンスて何事やねん

*4:トニセンコンサートとカミセンコンサートに分かれて行われたことがある、一枚のCDに「トニセン名義の曲」「カミセン名義の曲」がある、そもそもそれぞれに「20th Century」「Coming Century」という名前がある

100ミリちょっとのカラッポを

こんにちは。ひやチュウです。遅ればせながら、CDTVのNEWS「EMMA」を見たのですが、わたくし、興奮しております。ええ、シンプルに興奮しております。曲が鬼かっこよくて激エッロいのはもちろんですが、注目すべきは小山さんでしょう。Say\よっ!!NEWSのセックスシンボル!!エロの権化!!/見た感じ、テゴマスの二人はすごいオラついていたのですが、そこで敢えて(かどうかはわかりませんが)動きを抑えめに踊る小山さん。エッッッロ!!エッッッロい!!露出も4人の中では控えめだったのに、一番、よかったです(言い方よ)。

あとね、シゲなんですよ。赤の衣装で、よく目立つんですよ。しかもこの曲で赤なんて、よりどエロくなるじゃないですか。のはずなんですが、なんか、「けがれを知らない少年」のように見えたんです。どうしてだろう。表情からなのか、あまりにまっすぐにパフォーマンスしている姿からなのかわかりませんが、シゲの可能性ってすごいなと思いました。

 

 

 

これだけジャニヲタ臭の強い話を最初にしておいてなんですが、今回はジャニーズのことではなく、私の好きなバンドの一つ、フィッシュマンズについて書こうと思います。

 

今でこそジャニヲタなわたくしですが、中学生のときはロックしか聴かねえぜ!!という、考えの凝り固まったロックな中学生を過ごしていまして。ギターがガンガン鳴っている曲ばかりを好んでいたのですが、フィッシュマンズに出会って、ロックに限らずとも面白い音楽はいっぱいあるという、興味の幅が広がりました。そこからジャンルを問わずに色々聴くようになりました。フィッシュマンズは私の価値観を作ってくれたバンドの一つです。元々ヲタっ気があったので、フィッシュマンズにハマって聴きまくっていて。高校生になると同時に興味の対象がジャニーズに移りましたが、ふと聴きたくなったり、今自分の中でブームが来ているので、ちょっと書きたいなと思ったので、書こうと思います。あの、音楽の知識もないし、ただ、本当にただのフィッシュマンズの曲が好きなだけのやつが、一個人のこういうとこが好きなんデス!!と愛を奮って書いているだけなので、見当違いがあってもツッコミは心の中だけでお願いしますね...そしてものすごく抽象的な概念だけで書きますが、ヲタクのひとり言ですんで、マジでふわっと流し見する感じでお願いしますね...

 

 

 

いきなりですが、 メンバーとか、歴史とかは正直ちょっと複雑なんでwikipedia先生に任せますね。http://www.https.com/ja.m.wikipedia.org/wiki/フィッシュマンズ本当に知識も意識もなくて申し訳ないですが。ひたすら曲のことを書いていく所存でありますはい。

 

 

 

とやかく言う前に、某チューブなりCDを借りるなりして曲を聴くのが一番なんですけど。フィッシュマンズの曲を一言で表現すると、「独特」なんだと思います。

 

 

まずサウンド面、いや、サウンド面なんて通ぶれる器ではないのでざっくり音の話ですが、私が一番に感じるのは、「心地よさ」です。音そのものも、歌声も。浮遊しているふわふわさとも違う、人肌、人の体温が感じられて、さらにその曲の場の温度までも感じられるような。そのときの温度や空気をとても上手く切り取るバンドだと思います。フィッシュマンズを知ってからしばらくはフィッシュマンズに夜のイメージを持っていたのですが、以外と言ったら失礼ですが、昼っぽい曲、朝方っぽい曲、夕方っぽい曲と幅広いです。ただし、温度も空気も、それぞれの境界は曖昧で、それがフィッシュマンズ特有の心地よさを生むのかな、と思います。

また、フィッシュマンズの音の特徴、それは「東京感」があることです。お洒落=都会的と言うならそれとはまた違う、きらびやか、華やかという言葉より東京の空気、そこに生きる人の気持ち、全てが曲の中に漂っている、というのが似合う表現でしょうか。*1*2

その洗練された音、東京の音というものを、アンダーグラウンドで静かに響かせて、フィッシュマンズの空間は存在しています。そして、メロディーはとてもポップなのです。歌いやすく、また歌っていて気持ちいいです。気持ちよく歌えることで親しみが沸いてくるので、異世界のような空気の中でも突き放されはしない、そういう意味でも、やっぱり優れたポップを奏でるバンドだなあ、と思います。

 

 

 

続いて歌詞の話です。歌詞も不思議な感じではありますが、そんなに突飛なことは言っていないと思います。多分掘り返してみれば、自分も感じたことのあるような感覚や、傍にあるような感覚を感じると思います。それでいて、あ、こんな感情ってあるようでなかったかもしれない、という気づきもあります。こういう見え方をしていたら、もっと世界が美しく綺麗に見えるんだろうな、と思いました。

先程、音から温度や空気を感じられると書きましたが、詞からもまた然りです。曲も詞もそうですが、私は夜、とか暗いというイメージを最初持っていたのですが、全てがそうではなく、むしろポップな曲も沢山あります。しかし、ポップと明るいは必ずしもイコールではありません。強烈だったり静かだったりするフィッシュマンズの曲に乗せられる歌詞は、日常にあるような、自分の知っている感覚を歌われているように感じます。特別とも平凡とも違う、誰にでもある日常をとびきりのポップな曲で、そこに漂う空気までもまるごと乗せている、そういう曲を歌うバンドなのかな、と思います。混ざっている、とか漂っている、とかの曖昧さが心地よさにつながるのかなと思います。

 

 

あと、個人的にもう一つ好きなところがあって、きんちゃんこと茂木欣一さんのドラムがすごい好きで!!フィッシュマンズでだけでなく、東京スカパラダイスオーケストラでもドラムをしているのですが、欣ちゃんのドラムって、他のドラムと比べて響きが軽いと思うんです。断じて悪い意味ではございません!!あの、私の感覚100%の話ですので言葉にするのが非常に難しいのですが、ドラムの重く低く鳴る感じではなく、重さをどこかにやって軽くなっていて、中々できるもんじゃないよなーと思いながらいつも聴いています。

 

 

 

 

 では、もしこんな文章を読んで興味が沸いてきたぜ!!と言う方へ、おすすめの曲というか私の好きなフィッシュマンズ・ソングを紹介します。本当は某チューブのリンクでも貼っておけばいいんでしょうけど、なんせスマホを使いこなせていない旧人なので、どうかご自分で見てくださいすいませんね...てか私も買うから皆でCD買いましょ...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Go Go Round This World!

 

このゆううつな顔もきっと

笑顔に変えようぜ

 

の歌詞が好きなのですが、世界に対して希望を持とう、と歌っている訳ではなく、相手というただ一人に向かって歌っているのが、フィッシュマンズらしいポップだなと思った曲です。

 

 

 

 Just Thing

 

教訓めいたというか哲学めいたというか、そんな歌詞です。嫌味なくちゃっかりやっていこうぜ、そうやって楽しく生きていこうぜ、と言っているような。この歌詞を乗せられる曲というのは、バラードでもゴリゴリのロックでもなく、この奇妙な明るいポップなんだろうなと思います。

 

 

SEASON

 

このSEASON=季節は、自然の中で感じる季節ではなく、東京の街の中で生きる人の感じる季節の情景なのかなと思います。音が外気に溶け込んでいるような、境界が曖昧になって心地よい曲です。

季節の中を走りぬけて もうすぐ秋だね

という一節が好きで、季節を走りぬけるってなんて美しい表現なんだろう、と思いました。GET ROUND IN THE SEASON.

 

 

 

 

いかれたBaby

 

暗い音ではないのに、「悲しい夜」という言葉が乗るとそう聴こえる曲です。言葉の揺らぎってこういうことを言うのかな、と思います。「いかれた君」に対する思いが不思議と優しげで愛おしげがあって、ふわふわした幸せさの中に漂っているような。村上春樹を今読んでいるからか、彼の小説に出てくる女の子ってこんな感じな気がします。「ダンス・ダンス・ダンス」のキキのような。

 

 

 100ミリちょっとの

 

フィッシュマンズで一番好きな曲です。これはすごいポップな曲、夕方っぽい明るさのある曲だと思います。あったかい曲です。「100ミリだけのカラッポ」の言葉で、心がぽっかり空いちゃって悲しいね、と言い合う恋人たちの気持ちのようだなと思いました。恋人たちが、互いの気持ちが見えなくてなんだか悲しいね、と二人で話していて、そういう話でも穏やかにされながら未来へ進んで行っている、二人の日常の情景が浮かびました。一人ではなく、二人の気持ちだから、互いがわからないからこの切なさがあるのかなと思います。

 

 

 

 

 

 さて、書きたいことを書きたいように書いて参りました今回。中々話せる相手がいなくてずっと抱えてきた思いというかフィッシュマンズ愛をここで出せて満足です。フィッシュマンズって、ポップな曲を歌い鳴らすのに、歌われる世界はごく狭い、自分だけだったり二人だけだったりの間で、そのギャップや、大きな範囲を歌われていないから身近さを感じられて、でも大きく漂うフィッシュマンズだけの空気が好きです。あまりメディアに出ないので、これを機に興味を持たれた方は是非聴いてみてください。締め方がいつもの勝手通りにいきそうにないので、これにて終了です!!以上!!

 

 

 

 

 

書いていて、普段書いていてものと内容が全く違うのに、考え方や見方はいつも通りヲタクでした。結論:ヲタクはどう転んでもヲタク、多分転生してもヲタク。解脱しなけりゃきっと一生ヲタクなんだろうな...

 

*1:地方の人間の抱えている東京という街への憧れ、または上京などをして東京で活動する地方出身のバンドの歌う東京という街の感じを「東京感」と言う、と私は解釈しています。バンド好き、音楽好きの独特な感覚の話なので、言葉にするのは非常に難しく、また的確にもならないんだなこれが

*2:ということでここで一つ違うバンドの「東京感」を勝手に紹介しますが、サカナクションの「DocumentaLy」というアルバムが、東京感を感じやすいかな、と思います

明けましておめでとうございます

ジャニーズ

こんにちは。ひやチュウです。2017年、あけましておめでとうございます。いーっぱい色々なことを抱えたまま年明けしたわけですが、今年もヲタクを楽しむぞ!!という抱負のもと、早速カウコンの雑感を書きたいと思います。新年早々ヲタクのジトっとした、湿っぽくかつ頭の沸いた感想ですので、必要以上に重い、勝手な内容ですので、気楽にご覧ください。

 

 

 

そもそもカウコンを見るのが人生で2回目でして(テレビでね、現場は何にも行ったことのない地方民ですツラァ☆)、まあよくわかってないまま見ましたが、超楽しい!!ジャニーズしか出てこない!!しかも前編ライブ!!神かよ!!って感じです。カメラワークがどう、選曲がどうという思いもそりゃゼロではないですけど、や、超イイ...ってやつです。ってことでつらっと、印象に残ったものの感想を書きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

まずTOKIOの「愛!wanna be with you...」です。これいい曲ですよね。長瀬さんの作った曲だからか、TOKIOというバンドに合っていて気持ちいいです。高音の伸びがきれい。ぐっさんとリーダーの構えもかっこよかったです。そして長瀬さんがデカい体でピョンピョン跳ねてて、おおベイベとなりました。

 

 

NEWS「フルスイング」。最初に思ったのは「手越いいいいいいいい!!」です。まずここで墓が1つ建ちました。カラコンと金髪ってマジ最強なんですね。私は果たして何次元見てるんだろう、と感動を覚えました。

また、24HTVを越えた年の最後にフルスイングという物語を語り、改めてNEWSの2016年の位置を示しつつ、24HTVでは真っ先に泣いたまっすーが、唯一NEWSで笑顔で歌う姿を見て、NEWSはちゃんと笑顔を選んで区切ったんだなと思いました。

あと、以前も似たようなことを書いた気がするのですが、シゲの高い音を出したときの歌声って、凄い少年、子供っぽい響きを持っていて、いいエモさを生む、ストーリーテラーを体現するような声だな、と。好き!!

 

 

JUMP「ウィークエンダー」。光くんんんんんけいとおおおおお薮様アアアアア(墓2つ目)ここで語彙力とIQを根こそぎ吸われました。

 

 

嵐「マイガール」。相葉さんの「今日も」の表情がいい。松潤が今日も天使でキャワイイ。

 

 

A.B.C-Z「Za ABC~5stars~」。とっつー顔が素晴らしくかわいい。塚ちゃんずっと手というか腕振ってて、アピールうまいなと。塚ちゃんのキャラクターのもと成り立つかわいさって感じ。ふみとは2016年もやっぱり仕事人でした。

 

 

タッキー&翼「夢物語」。このハモりを待っていた2016&このトンチキを待っていた2016W受賞ですおめでとうございます。たきつの曲って曲そのもののキャラクターが濃くて、それをザ・ジャニーズな二人が歌うんだからもういい!!好き!!そしてタッキーかわいさ!!

 

 

山下智久抱いてセニョリータ」。山Pは人類の奇跡(ドドン)。うちのテレビよく画面割れないでもつな、ってくらいお麗しい。

 

 

Sexy ZoneSexy Zone」。聡ちゃんが先頭でマリの所に行くのがもう。胸が。苦しい。2016年最後に最高の雪見だいふくを見られて本望!!そして勝利くん、最後までツッコミご苦労様でした、今年もよろしく頼んだよ...

 

 

ジャニーズWEST「ええじゃないか」。一回パッと見ただけでもう(墓)。急に髪色、髪型変えるなんて聞いてない、心臓がもたない。

 

 

関ジャニ∞「NOROSHI」。本当に和装は素晴らしいなオイ!!7人の横一列後ろ姿が本当にかっこよかったです。

 

 

Kis-My-Ft2「Thank youじゃん!」。玉ちゃんかわいい横尾さんかっこいい。今年はキスマイの映像買おうと早くも財布を開かされた。

 

 

Kinki Kids「愛のかたまり」。ライブに関わらず、ふざけないキンキって新鮮です。すいません。最後まで二人っきりでいたんだから、キンキの存在のしかたとしては、らしいな、と。

 

 

V6「Beautiful World」。ひろしイイイイイ!!(墓)衣装が皇帝!!勝訴!!ありがとう!!この曲の時にね、結婚発表があったから、色んな思いを持って聴いているんですけど、「君となら 世界はこんなに美しい」と歌うこの曲がやっぱり大好きです。

が、またケツ狩るか?...狩らんのかい!!*1とか思うくらいには、2016年見た限りずっとこの曲でケツ触ってたのに、ちゃんとしやがって、とも思いました。しょうがないよね!!(急なポジティブ)最後までちんまりするおじさんたち愛おしみしかないです。

 

 

 

ちょっとここまで全部書いちゃった、長いので、こっからちゃんと選びます。

 

 

 

つづくシャッフルメドレー、何と言ってもまずは年男組でしょう。岡本オオオオオ!!!!!!!!(敬称略)DNAって偉大だね。知念くんがこういうロックをやると、日頃かわいいをやっている分、凄まじいかっこよさをキメてくるから最&高、なのに顔はベリーキュートだから。マジ。だーやま様は、トサカとあの衣装とペイントとでかわいいとかっこいいとがゴチャついてるのに、それらを捩じ伏せてるのが顔面なんだからスゴイ。

 

 

アンダルシアは、ケンティーが本当によくやったと思いました。あんなに手震えてたのに、あんな挑戦的な鋭い表情でやりきったんだから、すごいなと。

 

 

で、個人的MVP、仮面舞踏会by東山さん&トニセン死んだ。冥土も極楽浄土も見えた。表情見た感じ、坂:楽しんでる・長:溢れる出来ジュ感・井:珍しくド緊張、って感じでした。サビ前の坂本くんの「get down!!(ドヤッ)」が、滅多に見られない、いい表情をしてました。色々な人やグループがカバーしてる曲だけど、この曲をモノにする、という点では、ある程度年を重ねないとでないオーラとか時代感が、この4人で完璧に出てたなと思いました。そして台宙ですよ。まさかやるなんて思わなかった。不惑おじさんすごい、尊敬します。最年少40歳のあの4人マジヤバイ!!やることやってくれるから、彼らのパフォーマンスに期待しちゃう。

結構スルッとやってたけど、坂本くん台宙の前緊張してイノッチ触りに行ってたとことか、最後のキメポーズまでしっかりキメてやっぱり出来ジュだった博とか、いいトニセンが見られましたありがとうございました!!舞台がんばってね!!

 

 

 

次、グループチェンジメドレー。関ジャニ∞による「Everybody Go」。ドーム中にエイトの能力を知らしめたやつでした。すばるくんのガヤが天才だったし、あんだけゴチャついたなかやりきっているやっさんと亮ちゃんすごいし、でもちゃんとやるほどボケにつながったやっさんに、盛大な拍手を送りたいです。ひっそりとはさまれた宮玉は見逃しませんでした。

 

 

Sexy Zoneによる「Moonlight walker」。

 

       勝利様。

 

ケンティーもふうまろも聡ちゃんもすっごいかわいかったんですけど、やっぱり顔面人間国宝は伊達じゃない。

 

 

で、V6による「前向きスクリーム!」。このイントロみたいな、細かい振りだとオカダがこんがらがるってあれほど言ったじゃないか...*2V6がこれをどう歌うんだろう...と思ったのですが、坂本くんが美声で歌いはじめたので、「あオッケー了解でーす」と思うことにしました。最後の剛くんのキメポーズがかわいかったから10000点です!!

 

 

 

 

 

 とまあ、新年元旦から暑苦しいヲタクの雑感、以上です。あいも変わらず文章が長ったらしいですが、どうにか終わりです。もう4回しくらい見ました。パフォーマンスに説得力を持っているグループっていいなと改めて思いました。よし、今年も自分のペースで楽しくヲタクをしていこうと思いました。でもって、今年は語彙をもっと増やして、自分で読んでも面白いと思う記事を書けるようにするよう努力していきます。では皆さん、今年もどうぞよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

ちょっと最近、女の子アイドルにも突っ込みかけてて、どうしようヲタクの沼が増えちゃう...と危惧しています。カウコンの前は、家族の揃うリビングで紅白を見ていたのですが、私があまりに女の子に「かわいい~」を連呼するもんですから、母にものすごい変なものを見る目で見られました。視線を感じてから言葉数を減らすようにしましたが、心の中はエンドレスでかわいい~を言っていましたので、ブログに出てきたら、そういうことかと思っといてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*1:V6内で、ケツを触ることを「ボンタン狩り」と言うんです、そしてそのターゲットは大概博です

*2:参照:V6アニバコン「グッデイ!!」

ラスト

ジャニーズ

色々と自分の中で思うことが先月から重なって、少しジャニーズと距離を置いていました。でも、やっぱり書いておくべきだと思ったので書こうと思います。

 

 

 

 

スマスマの最終回、見ないつもりでいました、あまりに辛すぎたから。でも、どうしてか我慢できなくなって、途中から見はじめて、結局最後まで見ました。

最初見ないつもりでいたときでも、ずっと引っ掛かっていた、「世界に一つだけの花」。それを見たとき、一番に思った事は、「やっとSMAPSMAPの曲を歌っているところを見られた」です。そのことがが本当嬉しかったです。

でも、それぞれの表情を見せられて、中居くんの顔を、キムタクの顔を、吾郎さんの顔を、つよぽんの顔を、慎吾ちゃんの顔を、中居くんの手を見せられた時、悲しすぎるなと。本当に嬉しかったのに、最高に悲しかったです。どうして終わるのか、どうして笑顔で終われなかったのか、最後までわからずじまいだったなと。

 

思えば、今年ずっと渦中の中にいながらも、誰一人倒れることなく、今までSMAPでいてくれた5人には感謝しかありません。この期間、色々な方々の色々な意見、思い、推測を見てきました。その時に、「声を上げる」ことと「声を荒げる」ことの違いだとか、ひっそりと希望を持つことと期待を押し付けることの違いだとかを考えましたし、思いを発する以上自分も気をつけねばと反省したり、そうは言ってもやっぱり納得できなくて、本当のところどうなのか探ろうとしようとしたりしてきました。そういうものが、あの「世界に一つだけの花」を見て、静められたような、受け止めなきゃなと思わされたような気がしました。アイドルの彼らを愛しているので、あれだけ気持ちの渦巻いている、気迫のこもったパフォーマンスを見たら、歌って踊る姿を見たら、あれを締めに選んだのならば、私もけじめとして受け止めるべきなんだろうなと思いました。多分受け入れることはできなくても。

 

 

できることなら、SMAPの口から本当の、本当の思いを聞きたかった。テレビやネットで色々な憶測が飛び交う度に、知りもしないくせに勝手なことを言わないでくれ、と何度も思った。でも、私だって何も知らないやつなのだ。私の思いだって、憶測でしかありません。

ただ、時間は短くとも、私はSMAPファンとしてSMAPを見てきたし、SMAPが大好きだ。いつもと違う、なんて感覚論でしかないが、ファンだから、SMAPの見せてくれる姿だけを信じて来ているから、この終わり方に納得がいかないし、裏にあるものを考えてしまってしょうがないです。いつまでも華麗なる逆襲を待ってしまう。

 

 

今日を以てSMAPは解散します。でも、私は自分の中でSMAPを諦めないし、これからもSMAPという存在と共に過ごしていこうと思います。それぞれを見ることはできても、5人が揃ったところは、次いつ見られるのかわからないけれども。どうか5人が、SMAPでいたことを誇りに思ってほしいです。四半世紀以上も日本の時代と大衆に寄り添い続けたここまでのポップスター、アイドルはいません。それだけ大きな存在を消すことなんてできないから、これからもSMAPを好きでいようと思います。

 

 

 

「Last」、ラストという単語は、「最後の」、「最後」という意味があります。でも実は、この単語には「続く」という意味もあるのです。私の中でSMAPはまだ続いていく存在だから、これからもSMAPへ希望を持ちつづけていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

またね、と会いたかったけど、一つの区切りとして。

 

 

SMAP、ありがとう。中居くん、キムタク、吾郎さん、つよぽん、慎吾ちゃん、ありがとう。皆さんの幸せを願います。SMAP、大好き!!