光を見ている

まるっと愛でる

ふみきゅんのジャニーズしぐさ ~ジャニヲタのジャニーズがジャニーズをすること~

こんにちは。ひやチュウです。夏ですね。今日雨でしたけど。でも夏なんです。学校から帰ったら、我が家の冷蔵庫にスイカが1/2スケールでどーーーん!!とスペースを占拠してました。正直邪魔や...うち誰も好き好んではスイカ食わないやん...でも夏っぽさは出てきました。それを見ながら、剛くんって縁側でスイカ食べてて欲しいみがあるなあとぼんやり考えました。そういうグラビア見たい。あと、今思い出しても、あさイチに出たとき、蜷川さんとのVTR見て泣いていた剛くん控えめに言っても地上に舞い降りた大天使。蜷川さんとの関係は、こちらは想像できないような深いものなんだろうけど。泣いてしまうとは思ってなかったからびっくりしました。「ビニールの城」、もうすぐだね。頑張ってください。応援してます。







A.B.C-Z河合郁人くん、ふみきゅんを見てると、彼のパフォーマンスは、わかりやすくキムタクが透けて見えるような気がします。踊っている時と言うよりは歌っている時に、意識して作っているであろう、作っているのがこちらもわかるようなポーズや表情の作り方、顔の傾ける角度などが、なんかキムタクが憧れで、「かっこいい!!」と思って鏡の前で練習したんだろうな感がすごいある。だからか、ふみきゅんのパフォーマンスは、若干抑えられている時でさえ、わざとらしくはなくても、自然に目立つ風のダンスや歌になっているように思います。それは多分、キムタクに憧れて、真似をしていくうちに身についたものだからだと思うのですが。




その「キムタクかっこいい!!リスペクト!!」が超見えるパフォーマンスなのに、言い方悪いですが5人でいて悪目立ちしないのはすごいと思います。グループも時代も、おそらくファン層や求められるものもSMAPA.B.C-Zでは違うから、キムタクをまんまやったら、何かしらの違和感が生まれてしまうと思います。
例えば、「Shelter」あるじゃないですか我らが坂本昌行さんのソロですよ皆さん!!あの曲、結構少クラでJrにカバーされてるじゃないですか。いや否定するつもりはこれっぽっちっもないですよ?でも、いちV6ファン的、超個人的には「いやかっこいいしわかるけど!!でもやっぱこれは本家に合い過ぎてる曲だから...マサの見たいなー...」って感じの思いがちらっと頭をよぎってしまうんです。*1こういうのが生まれちゃうと思うんです、ふみきゅんがキムタクをまんま出すと。
それなのに、そんな感じの違和感を生まずにやるふみきゅんのパフォーマンスは、別に似てるとか関係ねーし、と言えばそりゃそうですが、キムタクリスペクト!!が見えるパフォーマンス振る舞いを、自分のパフォーマンスに取り込んで自分のスタイルを確立させたように思います。





何故こんなにしつこくキムタクの名前を出すのかというと、キムタクのするカッコつけ方をする人が、キムタク以外にいなかったからです。いや全員個性があるだろ?!同じなんてありえねーだろ、が基本ですよ勿論!!でも、「帝王タイプ」「王子様タイプ」*2などなどが出てくるなか、キムタクのような、オス感を出し、さりげない「かっこよさ」で狙うんじゃなくて、強烈な「カッコつけ」をかましてくるのは、やっぱりキムタク以外いなくて。そこを「かっこいい」と嗅ぎ分けて自分の武器にして輝いているから、ふみきゅんかっこいいんですよね。




だから、ふみきゅんのパフォーマンスの個性って「カッコつけ」であり、それが生んだかっこよさだと思うんです。動いてても、瞬間のポーズででも。例えば、五関くんのダンスはどちらかと言ったら「かっこいい」より「きれい」「美しい」寄りだと思うのですが、それと同じようにふみきゅんの立ち姿や作ったポーズは「美しい」よりは「かっこいい」だと思います。そう考えると、「静止画の帝王」というのは、別にネタでもなんでもなく彼の武器を明らかにする言葉な気がします。本人は狙ってネタにしてるんだろうけども。



           f:id:signko:20160727221257j:image



画質悪いですが、某チューブにある少クラの「Moonlight walker」でのラストの決めポーズです。もうそっち見た方が早いんですけど、向かって左から2番目がふみきゅんです。彼は一回動画見ればわかるんですが、すごいキムタクイズム全開です。



で、面白いのが、クセの強い個性を持ってるふみきゅんは、「河合郁人」単品で見せるつもりはなくて、あくまでも見せるのはグループで、であり「A.B.C-Z河合郁人」だとしっかり思っているからなのか、出すべきではない所ではびっくりするくらい溶け込んでいます。それが出来るのは周りを見てバランスを計れるからこそだろうし、人を見てイメージができるからモノマネとかめっちゃクオリティー高いのやれるんだろうな、と思います。






やっぱりふみきゅんのカッコつけ方はキムタクと似ています。動きもそうですが、キムタクもふみきゅんも「全力」が見えるのが魅力です。キムタクはとてもスマートにそれをやったりするから、すかしてるように見える人もいるのでしょうけど、全力でかっこいい人が全力でカッコつけてるんだからヤベえんだと。そして、そのあたりもわかってるからか、ふみきゅんのパフォーマンスも全力です。表情が特に全力で楽しんでるんですよね。あと、ふみきゅんずっと笑顔です。これは完全に彼の個性だなと。ジャニーズが楽しいんだろうなと見る度思います。
A.B.C-Zの中でキムタクをしている、じゃなくて、色々なものを吸収しまくってできた河合郁人が、全力でA.B.C-Zをやっているのが、河合くんの、A.B.C-Zのパフォーマンスのかっこよさの1つなのかな、と思うって話でした。








何言いたかったんでしょう結局。動画見てて瞬間的に思いついて書き上げたからよくわかんないや☆
A.B.C-Zまだ全然詳しくなくて、某チューブ見まくってるレベルなんですが、自分で書いてて何かA.B.C-Zの映像買おうと決めました。あと、少クラ見て思ったんですが、五関様って全身使うダンスでも、脳ミソ1コで体のどのパーツがどう動いているかを完璧に把握してそうと思いました。どういうことかというと、五関様のダンスやばそうってことです。

*1:「片づかない仕事 読み切れないメール」、「踏みつけたプライド 捨てられた夢達 裏切ることもルールのひとつ」と歌うこの曲は、やっぱり坂本くんにしか歌えないと思うんだなあ、許してください面倒なヲタクなんで

*2:「帝王タイプ」の代表はゆっち、「王子様タイプ」の代表は手越だと勝手に思ってる